【スポンサーリンク】

恋愛

東京ラブストーリーが29年ぶりにドラマ化されるそうです。


 

東京ラブストーリーのあらすじ

私が若い頃にドラマが放送されていて、間違いなく見ていたのですが主題歌と「カーンチ」というシーンぐらいしか記憶にありません。

その上、原作マンガも読んでいたのですが、「あすなろ白書」とストーリーがごちゃごちゃになっているので、頭の中を整理するためにもどんな内容だったのか調べてみました。

主な登場人物は、主人公の永尾完治(ながおかんじ)、ヒロインの赤名リカ(あかなりか)、完治の高校時代の同級生である三上健一(みかみけんいち)、完治と三上の高校時代の同級生で片思いの相手である関口さとみ(せきぐちさとみ)、三上の大学の同級生である長崎尚子(ながさきなおこ)です。

1991年に放送されたテレビドラマでは、完治を織田裕二さんが、リカを鈴木保奈美さんが演じました。

他には、三上を江口洋介さん、さとみを有森也実さん、長崎尚子は千堂あきほさん、でした。

織田裕二さんはドラマや映画にたくさん出演していたので、東京ラブストーリーと就職戦線異状なしが混ざった印象しかありません。

原作は、全4巻の話ですが、あらすじを簡単にまとめると完治とリカがくっついて離れて、三上とさとみくっついて離れて、完治とさとみが結婚して、三上と長崎尚子が結婚する話です。

ここにAge35が入り込んできて、リカがアフリカに行っていた気がするのですが、あらすじを読み返すと、改めてそんなストーリーだったかなぁ?と考えてしまいます。

東京ラブストーリー(1991)はフジテレビの動画配信サービスFODのFODプレミアムで視聴する事ができます。

※配信作品については2020年1月24日時点の情報です。
※最新の配信作品についてはFODプレミアムの公式ホームページでご確認ください。

 

【スポンサーリンク】

東京ラブストーリー(2020)の配信はいつから?

29年ぶりにドラマ化される東京ラブストーリーは、完治を伊藤健太郎さん、リカを石橋静河さんが演じ、舞台が令和の時代になります。

原作や1991年版のドラマでは、自宅の固定電話や公衆電話が連絡手段だったので、2人のすれ違いがストーリーとして切なくなりましたが、スマホの時代となった令和でどのように描かれるのか気になります。

注目しているのは、三上健一を演じる清原翔さんです。


NHKの朝ドラ「なつぞら」では主人公の兄として出演していました。

兄と言っても実の兄ではなく、一緒に育って、兄のような存在という役柄でしたが、とても良い役どころでした。

東京ラブストーリー(2020)では女たらしの医学生ですが、憎たらしい役を演じてくれると期待しています。

ネットの情報では、東京ラブストーリー(2020)は今春から配信されるという事ですが、FODのホームページを確認しても配信開始日はまだ決まっていないようです。

東京ラブストーリー(2020)はフジテレビの動画配信サービスFODで配信予定です。

>>簡単登録はコチラ<<

FODプレミアム

※配信作品については2020年1月24日時点の情報です。
※最新の配信作品についてはFODプレミアムの公式ホームページでご確認ください。

 

東京ラブストーリーの原作マンガ

東京ラブストーリーの原作マンガは4巻発行されています。

2016年には25年後の世界を描いた「東京ラブストーリー ~After 25 years~」が発行されています。

 

東京ラブストーリー(2020)の主題歌は誰が歌う?

東京ラブストーリーの主題歌と言えば、小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」ですね。

東京ラブストーリーの内容を覚えていなくても主題歌は覚えています。

東京ラブストーリー(2020)の主題歌は誰が歌うのでしょう?

ドラマの俳優さんが一新されて、令和の時代で描かれるので、主題歌も違う人が歌うのでしょうか?

昔の東京ラブストーリーを観ていた者としては、やっぱり小田和正さんの歌が良いのですが、新しい作品とするには、今の若いアーティストの方が良いのかも知れませんね。

話題の東京ラブストーリーですが主題歌も気になります。

【スポンサーリンク】
おすすめの記事