【スポンサーリンク】

陸上トラック

新年に行われる箱根駅伝について調査します。


 

箱根駅伝2020の出場大学は?

2020年1月2日、3日に開催される
第96回東京箱根間往復大学駅伝競走
(箱根駅伝2020)の出場大学は以下の通りです。

前回優勝校の東海大学、
2位の青山学院大学、
3位の東洋大学、

4位の駒澤大学、5位の帝京大学、6位の法政大学、
7位の國學院大學、8位の順天堂大学、
9位の拓殖大学、10位の中央学院大学、

予選会1位の東京国際大学、2位の神奈川大学、
3位の日本体育大学、4位の明治大学、5位の創価大学、
6位の筑波大学、7位の日本大学、8位の国士舘大学、
9位の早稲田大学、10位の中央大学、です。

上記の20校に加え、オープン参加の関東学生連合が
競い合います。

やはり注目してしまうのは、前回優勝した東海大学ですね。

2019年は、往路優勝が東洋大学、
復路優勝が青山学院大学、
総合優勝が東海大学、という結果でした。

東海大学は連覇を狙ってくるでしょうし、
他の大学は総合優勝を狙ってくるでしょう。

気になる東海大学のエントリー選手16名は以下の通りです。
・鬼塚翔太(4)
・郡司陽大(4)
・小松陽平(4)
・阪口竜平(4)
・館澤亨次(4)
・西川雄一朗(4)
・羽田智哉(4)
・松尾淳之介(4)
・塩澤稀夕(3)
・鈴木雄太(3)
・名取燎太(3)
・西田壮志(3)
・米田智哉(3)
・市村朋樹(2)
・竹村拓真(1)
・松崎咲人(1)

黄金世代と呼ばれる東海大学の4年生の中で
阪口竜平選手について調査します。

 

【スポンサーリンク】

阪口竜平(東海大)の出身高校は?


名前は、阪口竜平(さかぐちりょうへい)

生年月日は、1997年4月5日

出身地は、京都府

洛南高等学校を卒業後、
東海大学体育学部体育学科に在学中です。

専門は、中距離走

箱根駅伝には2年生、3年生の時に出場しています。

2年生の時に出場した第94回は
2区を走り、区間7位でした。

箱根駅伝初出場の2年生で
花の2区を任されたのはスゴいですね。

3年生の時に出場した第95回は
7区を走り区間2位でした。

総合優勝した大きな要因になったと言われています。

阪口竜平選手ですが、
3000m障害で2020年東京オリンピック出場を
目指しています。


大学卒業後はどこかの実業団で陸上を続けるのでしょうか?

東京オリンピックを目指すのであれば、
大学院に進学して、東海大学陸上部で
競技を続けても良いかも知れませんね。

 

東京オリンピック2020の3000m障害


東京オリンピックの男子3000m障害は
2020年7月31日に予選が行われ
8月3日に決勝が行われます。

代表選手の発表は、
第1次が2020年6月29日
第2次が7月2日以降となっています。

3000mSCの参加標準記録は8分22秒で
阪口竜平選手の自己ベスト8分29秒85です。

日本陸上競技連盟公式サイトに
掲載されている3000mSCのチームJAPANのメンバーは
富士通の塩尻和也選手と潰滝大記選手です。

代表選手が決まるまで残り半年ぐらいですが
全力を尽くして頑張って欲しいですね。

箱根駅伝2020の注目選手

【スポンサーリンク】
おすすめの記事